英語(国際)系の大学・学部志望の人(国立大)

生徒と話していると、

大学では英語をやりたい、国際関係の仕事に就きたいという希望を口にする生徒は

沢山います。

 

だから東京外国語大学を志望する、という生徒が結構います。

また、そのような生徒は、数学が苦手であるケースが少なくない感じがします。

(私の周りにそういう生徒が集まっている可能性は否めないですが)

 

今回は受験指導的な観点から、東京外国語大学、あるいは国際系の大学・学部を志望す

る際の注意点を書きたいと思います。

 

(1)東京外国語大学

 東外大は国立なので「共通テスト+個別試験」ですが、

 共通テストに理科は必要ありません(正確には、地歴・公民・理科から2科目選択)。

 で、通常の国立は社会2科目と理科1科目(あるいは理科基礎2科目)が必要です。

 

 なので、東京外大を第一志望にしたら、他の大学に志望を変更することは

 基本的には不可能ということを認識してもらう必要があります。

 本番の共通テストの結果が思うようにいかなかった場合、受験する国立のレベルを

 落とすという事例はよくありますが、東外大の場合は基本的にそれができません。

 

 可能性が低くても東外大に行く以外に選択肢はないです。

 

 東外大が落ちたら、私立でいいという踏ん切りは持っておきましょう。

 あるいは、語学系の私立(上智やCU)よりかは、国立であることを優先したい場合に

 は、志望校から外す必要も、最悪出てくるかもしれません。

 

(2) 2次試験の科目

  語学系の大学を目指す生徒は、数学が苦手なケースが多い感じがします。

 (私の周りがそうなだけかもしれませんが)

 

 数学を共通テストだけで使うか、それとも2次試験まで使うかは、

 かなり大きな選択になります。2次試験の数学の負荷は結構あります。

 

 で、科目だけで見るなら、2次試験に数学が必要のない国立大で最大レベルは

 大阪大(外国語、文)、北海道大(文)になります。

 他の旧帝大以上は、2次試験で数学が必要になります。

 

 国立大進学を優先し、語学系に進みたいなら、

 大阪大(外国語)を第一に据え、抑えとして千葉大(国際教養)あたりが

 無難では、という結論に達しました(生徒と)。

 

(3) 国際系

 志望が国際系という場合には、さらに1つ、注意点があります。

 国際といっても国際学という学問があるわけではありません。

 外国語と関わっているものを全て国際という一言でまとめているだけです。

 

 文系の学文分野は社会科学と人文科学の2つですが、

 大分毛並みは違います。そのことを認識しておかないと、大学に入ってから

 後悔します。特に人文科学はミクロで細分化しているので、合わないと感じた場合に

 修正が効きにくなります。

 

 ではどうすればいいかと言えば、大学のHPでその学部の必修科目を調べるのが

 一番早いです。「○○大学 ○○学部 シラバス」などとグーグルに入れればヒットしま

 す。このシラバスというのは大学生が実際に科目を登録する時に使用するものにな

 るので、これを確認するのが確実な手段になります。

 

 その中でも必修科目を見てみましょう。必修科目は単位を取得しないと卒業できな

 い、あるいは進級できないものになります。必修科目は「その学部・学科を卒業する

 なら、最低限これだけは勉強しておいてね」という大学側からのメッセージなので、

 それなりの量を履修されられます。その必修科目があまりにも自分が興味のない

 ものになると、正直、大学生活は面白くなくなるかと思います。

 義務でこなさなければならなくなり、精神的な圧迫感が大きくなります。

  

 なので、語学系・国際系志望で、科目的に2次試験に数学を使わない場合、

 大阪大(外国語学部)が最大射程になりますが、

 必修科目のうち、7割は人文科学です。社会科学・自然科学(理系のこと)も履修できま

 すが、大半は人文科学です(←私もHPで調べました)。

 

 千葉大(国際教養)は人文科学・社会科学・自然科学の授業がバランスよく設置されて

 いました。

 

 東京外国語大学は学部が「言語文化学部」「国際社会学部」に分かれています。

 総合大学で、経済学部にするか文学部にするかを考えるのとあまり変わらないかと思

 います。

 

【まとめ】

 同じ国立大学でも受験科目がバラバラですし、

 入ってからの必修科目も千差万別です。

 

 英語をやりたい、国立に行きたいという場合には、

 何が何でも国立なのか、もしそうなら、受験校をどこにするか。

 また、受験科目を優先して大学を探すなら、その大学・学部での学問内容の

 メニューが自分にとって適切なのか。

 

 じっくりと時間を掛けて思案していきましょう。

過去問解いてます(東京外国語大学前期)

今回は東京外大の前期を載せます。

(2022年、2021年)

 

東京外大の前期は、筆記、リスニング、スピーキングの3部構成です。

 

で、筆記は意外とノーマルです。

段落の順番と設問の流れが一致していて、下線部が出てきた都度、

設問を解いていけば解ける仕様になっています。

 

単語のレベルも市販の参考書(を隅々まで覚えきる必要はありますが)で

コントロール可能です。

 

解答は抜き出す箇所を見つけたら基本的にはそこを和訳で問題ありません。

説明しなさいという設問の指示でも、変に自分の言葉を足さなくても、

和訳ベースで全く構いません。

抜き出す箇所が2か所、3カ所あって、それらをつなげて答える必要がある場合も

多いですが、その際は必要に応じて繋ぎ言葉を入れていけばいいだけです。

 

で、筆記は思ったよりもスタンダードですが、リスニング対策が骨が折れます

 

正直、本当に外大に行きたいのであれば、リスニングを固めているかどうかで

合否が決まると言っても過言ではありません。

外大のリスニングはヘビーです。

筆記の長文をそのまま音声で流している感じです。

 

外大の長文は意外とノーマルと言いましたが、

それでも外大なので、早慶上智の下位レベルはあります。

 

そのレベルの長文がリスニングとして流れてきます。

しかも、かなりの分量が一度に流れてきます。

 

外大志望の生徒が筆記で苦労するとは思えず(そこで苦労するなら外大は受からないでし

ょ)、いかにリスニングを完成させておくかにかかってくるでしょう。

 

また、スピーキングもありますので、その対策も必要です。

だた、外大のスピーキングは、個人的な所感としては、英検準1級に毛が生えたくらい

だと思います。口を動かす練習(要するに発声練習)をしておけば大丈夫でしょう。

←発声面ではなく内容面に問題があるのであれば、おそらくは外大は厳しいでしょ

 う・・・。

 

で、さらには、外大は英語ができて当たり前です。

英語(あるいは多言語も含めて語学)に興味がない人は集まりません。

全員英語は好きでしょうから、リスニング・スピーキングも固まっていて当然という

テンションでなければ合格は遠くなります。

 

それ故、2次試験は英語(300点)と社会(100点)ですが、

配点の低い社会がカギを握っていたりします。

配点があまり高くないからと、2次試験の社会を侮っていると落ちます。

(繰り返しますが、外大の性質上、英語は皆、固めています)

 

前期の他の年度や後期も解いたら、また加筆します。

単語・熟語・文法を覚えても英文が読めないと感じる人へ③

前々回、前回は英文解釈の効用について書きましたが、

今回は、復習の仕方も書きたいと思います。

 

英文解釈の復習の仕方は、

もう一度同じ英文を読んだ時に意味が取れるかももちろんそうですが、

語弊を恐れず言うと、

英文を一文、丸ごと暗記してしまいましょう。

 

暗記といっても、原理は社会科とは異なります。

 

英語を英語のまま読める(つまりは英語を日本語に直さなくてもそのまま頭に入ってく

る)というのは、自分にとってその英文は「This is a pen.」と同じレベルだということ

です。

 

This is a pen. くらいのものは、目を通せば頭の中で状況が思い描けるはずです。

ただし、中学生(あるいは小学生)の時に初めてこの英文を習ったときのことを思い出し

てみましょう。

 

・this:これ(近くのものを指す)/that:あれ(遠くのものを指す)

・is はbe動詞で、「=」を表す

・pen は1本2本と数えられる。数えられる名詞には「a」をつける

 

など、いくつも色々な文法を説明されたはずです。

(初めて英語に触れた場合、一つの文に2つ以上の説明が同時に行われることになります)

 

中学生あるいは小学生の時、「a」を抜かしては先生に修正されるという経験をお持ち

の方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

で、大人になった現在、「これはペンです」を英語に直せば、

過不足なく、This is a pen. と書けるはずです。

この文に関して、必要な項目を全て自分で把握しきっていることを意味します。

 

速読とは、「返り読みはしない」、あるいは「英語を英語のまま理解する」などと

説明されますが、それが可能な英文というのは、自分にとって 「This is a pen」のよう

な英文です。つまりは過不足なくその英文の構造や文法を説明できるということです。

 

過不足なく説明できるレベルを上げていくことが、

「英語を英語のまま理解する」ことができるレベルを上げるということなのではないで

しょうか。例えば、前回のブログで紹介した「入門英文問題精講」を全て過不足なく説

明できる人は、そのレベルの英文だったら直読直解で読み進められるはずです。

 

で、具体的に説明できるとは何を意味するか。

 

誤解を恐れずに述べるなら、英文そのものを暗記してしまいましょう。

ただし、暗記できるというのは、原理を抑えているからこそ成しえることです。

 

円周率を50桁まで暗記しなければならないとなると、ほとんどの人は不可能です。

理屈も原理もない無機質なものを50桁まで暗記し続けているなど、

それを趣味にしていない限りは現実的ではありません。

 

その英文の背後にある文法項目が掴めているからこそ、「この時にはこの項目を使うん

だったな」、「この文法事項はこの意図で必要だったな」などのツボが抑えられるので

はないでしょうか。

入門英文精講や学校の定期試験の例文が暗記できるのは、意識的にせよ無意識的にせ

よ、このことを意識しているからです。

 

その点で、英文の暗記は円周率の暗記とは決定的に異なります。

 

暗記した英文のレベルが高ければ高いほど、つまりは、自分でコントロールできる英文

の背後の項目のレベルが高ければ高いほど、直読直解が可能なレベルが高いということ

を意味します。

 

英語を速く読みたいと願うなら愚直に学習するしかないですが、

学習の仕方として、英文を暗記してしまうことも立派な学習なのです。

『世界のマネージョーク集 (中公新書ラクレ)』早坂隆

ユーモアにあふれるジョーク集ですが、

頭の体操としても面白いです。

また、高校生に読ませてもいいかもしれません。

ウイットに富んだ皮肉は読解力が向上します。

 

①経済学者

Q:経済学を学ぶ理由

A:経済学者に騙されないため

  (←予測が当たらない経済学者が多すぎる現状を踏まえています)

②税金

 ある男性の息子が、コインを投げて口に入れる遊びをしていた。

 するとコインをのどに詰まらせ、苦しんでいる。

 その男性は「誰か何とかできる人はいませんか」と周囲に助けを求める。

 

 すると、通行人の一人が手際よく、その息子のコインを取り出し、事なきを得た。

 男性は通行人に感謝し、「医者ですか」と問いかける。

 通行人は医者ではないと言い、「税務署職員です」と答えた。

 

などなど。

ユーモア交じりの皮肉は、言った人とそれを読んだ人が同じ感覚、バックグラウンドが

なければ成立しません。

 

そういう意味で、この手の書籍がベストセラーになるのであれば、

その時代やその国の人たちの最大公約数的な感覚だと言えるでしょう。

 

多くの人がそう感じている最大公約数的なブラックジョークなら、

汎用性のある読解力や行間を読む力が養われるのでは、と思います。

 

そういう意味では、

この書籍は面白かったですし、生徒に読ませてみても何かにつながると思います。

菅義偉前首相のファンです

どれほどこの日を待ちわびたことか。

岸田さんが経済オンチであることは前々から察していましたが、

増税するほどポンコツだと思っていなかったです。

 

で、菅前首相(←間違っても旧民主党菅直人ではないです。あれもゴミでした)の

再登板をどれほど待ちわびたか。

 

石破茂氏「首相の派閥離れは自民の良識」菅前首相に同調 河野太郎氏と“人気者”3人連携の可能性で加速する“岸田下ろし”(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

 

なぜ今?菅前首相、沈黙を破って「痛烈な岸田批判」を始めた内情(東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース

 

政界のキーマン・菅義偉前総理大臣が「派閥政治と訣別せよ!」(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

 

菅元首相、ベトナムから岸田首相批判で復権目指す「派閥は離脱しろ」「消費税上げるな」…“菅派” の足場固めも順調(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

 

菅義偉前首相動く「岸田降ろし」宣戦布告 「大増税路線」に苦言、嵐吹き荒れるか 勉強会で派閥勢力結集「政局見極め動き出す決断した」鈴木哲夫氏(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

 

興味があればどうぞ。

 

過去問を解いてます(MARCH)

普段の政治チックな記事(というか私の鬱憤)はさておき、

この記事は本業ベースでいきます(笑)。

 

大学ごとのおおよその方向性を示してみます。

解いただけ加筆していく予定です。

 

【赤本の注意点】←前提として

赤本は基本的には実力養成のための代物ではありません。

解答解説も一言で済まされていますので、

「実際に時間を測って解く」、「取れる問題を取って確実に合格ラインに達する」

などの技術的側面のため使用します。

過去問を解くことばかりに集中して今まで学習してきた問題集や参考書の復習を

疎かにすると、思っているよりも伸びが鈍化します。

 

それはさておき、以下では、

それぞれの大学・学部ごとの過去問の上手い使い方を考えてみました。

もちろん、私が解いた範囲の中でという条件付きですが。

 

①法政大学(T日程、2014~2016)

 随筆が1題は出ます。随筆は論説文と文体が異なることが多いです。

 SVOの構造の中で、SとVの間にカンマがある、あるいは、VとOの間にカンマがある

 などのケースが見られ、意外と構造が見えにくくなることがあります。

 アプローチ方法としては、普段からの英文解釈で5文型に分けることを意識(問題に

 実際に書かなくても、頭の中だけで処理して構いません)することに尽き、

 カンマや挿入句に惑わされることなく、英文を解体していきましょう。

 

 また、随筆は内容的な側面においては、比喩が結構出てきます。

 現実的なことを事実として描写しているのか、それとも何かのアナロジーなのか。

 現実として起こっていることかどうかは、普通に読んでいれば掴めます。

 ですので、「急に何でこんな場面が」と訝しく思う一文に遭遇したら、

 比喩を疑ってみるとよいでしょう。

 

学習院(文、2015~2017)

 文学部は結構オーソドックス。特筆することはあまりありません。

 けど、オーソドックスなので、入試の登竜門として、学年が下の生徒にやらせても

 いいかと思います。

 →例えば、早慶上智志望の高2生の冬休みとか(トライアルとして)。

  「学年が切り替わる時点でこれくらい解けないと早慶上智はきついよ」という

  声掛けと共に。

 

 

過去問を解いてます(早慶上智)

普段の政治チックな記事(というか私の鬱憤)はさておき、

この記事は本業ベースでいきます(笑)。

 

大学ごとのおおよその方向性を示してみます。

解いただけ加筆していく予定です。

 

【赤本の注意点】←前提として

赤本は基本的には実力養成のための代物ではありません。

解答解説も一言で済まされていますので、

「実際に時間を測って解く」、「取れる問題を取って確実に合格ラインに達する」

などの技術的側面のため使用します。

過去問を解くことばかりに集中して今まで学習してきた問題集や参考書の復習を

疎かにすると、思っているよりも伸びが鈍化します。

 

それはさておき、以下では、

それぞれの大学・学部ごとの過去問の上手い使い方を考えてみました。

もちろん、私が解いた範囲の中でという条件付きですが。

 

上智(経営、2020年・2021年)

 →上智は新しい受験方式になってから今年で3年目なので、過去問は2年分しかありま 

  せんが。

 

 正直簡単。ネックがあるとすれば時間配分。大問1つにつき15分なので、

 国立型の学習に慣れている人(細部までこだわって熟読する人)は、

 多少分からないことがあっても、「設問に関係なければ放置する」胆力をつける。

 で、復習する時に、解答や和訳と照らし合わせて納得すればいいかと思います。

 

②早稲田(教育、2018~2022)

 早稲田の教育は、早稲田の中では一番コントロールしやすいです。

 もちろん暗記だけでは太刀打ちできず、思考させる問題中心ですが、

 知識そのものは市販の参考書でほとんど網羅でき、そこから外れるものは放っておい

 て構わないです。コントロールすべきところをコントロールすれば、

 ボーダーは確実に超えます。「この問題を解けると安全圏に近づく」というのも

 何問かありますが、全て現代文要素が決定打になります。

 

慶應(SFC、2018~2022)

 正直、SFCを受験するなら、きちんと対策を練るべき。

 問題数に対して時間は充分あります。SFCは超長文と言われますが、

 その分、時間もたっぷりあります。なので問題によってはじっくり時間を掛けても

 大丈夫です。ただし、単語のレベルは難しいです。確かに現代文の力を使って

 推測で正解させる問題もありますが、あちこち推測だけで進めるには量が多いです。

 単語は知っているに越したことはありません。

 

 個人的な感想としては、準1級を持っているとやりやすいです。

 (準1級といっても全ては不要です。パス単の出る度AとBで大丈夫です。

 出る度Cと熟語はいらない)

 

 SFCを第一志望にするなら、準1級を取得しておきたいというのはあります。

 

 市販の参考書で突撃するなら、東大受験生が使う「鉄壁」は必須です。

 太字になっていない小さく書かれていることも全部暗記しきったなら、

 戦える状態に持っていけます。

 

慶應(商、2018~2022)

 早慶上智の中で、問題のレベルは一番簡単です(英語だけではなく、全科目)

 難問はあまりなく、オーソドックスなところで解けるものが多いです。

 その代わり、他の学部と比べてボーダーは上がります。75%前後は得点する必要があ

 ります。

 

 ホントに暗記ごり押し。ただし暗記の仕方は、ザ・私文って感じ。

 その単語の派生語を抑えているかや、スペルを正しく書けるかなどの問題が必ず

 出題されます。確かに現代文的な要素を使って安全圏へ行くための問題は何問かあり

 ますが(7割→7割5分,8割へ上げるための問題)、そこを抑えるまでの暗記中心の方が

 圧倒的にウエイトとしては大切になります。

 どんなにその1問を取ろうとも、暗記要素の問題が多すぎるため、そちらが不正確だ

 とボーダーには届きません。

 

 で、単語集などは市販の一般的なもので構いません。ターゲット1900やVintageなど

 で全く問題ありませんが、ページの隅っこにあるものまで覚えておきましょう。

 けれど、他学部と違ってコントロールはしやすいかと思います。