参議院選の前に読んでおきたいもの③

書籍でなくても、ネット記事で構わないと思います。

とはいえ、ネット記事は玉石混交なので、

以前に政治家が問題を起こしたことを振り返る記事がいいかと思います。

 

普段の生活で忙しいので、過去の話を全て自分で調べるのは正直限度があります。

また、その時は物議をかもしても、

時が経つと世間の記憶は薄れるものです。

 

なので、スキャンダルの振り返りは、

問題を風化させないためにも必要で、政治家への絶対的な抑止力のはずです。

 

ネット記事には、芸能人や評論家が述べたことをそのまま載せて、

「○○がこんな批判をしました」などという、超手抜きの記事がありますが、

私は過去の復習ができる内容の記事を求めます。

 

で、たまたま見つけたもの3選です。

 

切迫流産で絶対安静中に会合に参加を求めた男性議員「グリーン車なら横になれるでしょ?」呆れた言い分 公約には「子育て支援」「女性活躍」も…金子恵美氏が永田町の現実を激白(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

 男尊女卑。公約では子育て支援と言っていても、こんなものです。

 

文通費、日割り支給に 与野党合意―使途公開めど立たず:時事ドットコム (jiji.com)

 交通費の日割り支給。真っ先に法案を提出した政党と、最後まで反対していた政党。

 十分争点になるかと思います。

 

文春砲 (ぶんしゅんほう)とは【ピクシブ百科事典】 (pixiv.net)

 文春砲のwikipedia。wkipediaを使うのはちょっと手抜きな感じが否めませんが、

 懐かしいスキャンダルがまとまっています。

 

こんな感じです。

英文法×文学作品

生徒に文法を教えるとき、文学作品の翻訳を一例にしたら、

食いつきが少しよくなりました。

 

以下は実際に授業で話したことです。

 

①雪国(川端康成)

 「英語は必ず主語と書かなければならない」ということが意外と難しい。

 

 『雪国』の最初の一文。

   「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった」

 

 どうやって英語に直しますか?主語は誰でしょうか。

 筆者でしょうか。それとも汽車にのっていた乗客でしょうか。

 サイデンステッカーという日本文学の翻訳者(結構有名)は、汽車を主語として訳して

 いました。

 

 高校生はテストのために文法を学んでいますが、翻訳レベルでもかなり至難の業にな

 ります。

 

②ふるいけや かわずとびこむ みずのおと

 かわずとはカエルのことですが、何匹を想定しますか。

 カエル可算名詞ですので、a をつけるか複数形にします。

 

 生徒に聞いてみたところ、私の生徒は全員、「カエルは1匹でしょ」とのこと。

 で、それはあくまでも、日本にずっと住んでいて、俳句の情景がすぐにピンとくるか

 らでしょう。理屈ではないところの感性に近いものがあります。

 こういった感覚的なもの、感性に通ずるものは、外国の人が学ぶのに一番苦労する

 箇所になります。

 

 仮にここを複数形にすると、カエルは何匹もいて、何匹ものカエルが跳びこんでいる

 ことになります。正直、日本庭園でカエルが複数匹、ゲロゲロしてポチャポチャ水に

 飛び込んでいるところを想像すると、あまり風流な感じがしなくなるのではないでし

 ょうか。

 

この2つ、生徒に言ったら、

①はなるほどと関心。②はケラケラ笑っていました。

 

敬遠されがちな文法にも、趣深さを感じられれば、学習の取り組み方もかわるのでは

ないでしょうか。

参議院選の前に読んでおきたいもの②

〈日本の政党の政策は似たり寄ったり〉

 

  本当にそうでしょうか。

  外交・安全保障の面ではかなりの差異があります。

  また、自民党の中でも、それぞれの温度に差があります。

  (で、この著書の中では言及されていませんでしたが、

  経済政策もある意味、それぞれの政党がどういうスタンスなのか、

  垣間見れるかと思います)

 

  立憲民主党:消費税増税を批判したり、減税を訴える。

   →増税したのは旧民主党でしょうに・・・。

    安倍元総理は二度、延期したくらいなのだから、安倍さん本人は増税したくは

    なかったのではないでしょうか。

    どの面下げて増税を批判したり、減税を訴えているのでしょうか。

    衆議院選挙で議席を減らしたけど、もっと減ることを祈ります。

    辻元清美元議員が落選した姿をみると、選挙の力を信じたいものです。

    有名なだけでは当選できず、実際に実績のある維新に敗れた。

    見ていてスッキリしました。

  共産党増税派。消費税は減税のスタンスを見せているけど、

      法人税を上げるとのこと。消費税を下げても法人税を上げたら意味ないで

      しょ。企業の税金を重くしたら、利益を確保するために従業員を採用する

      のを控えるでしょうに。

  公明党:この書籍ではっきりと書かれています、勢いのあるところと組む政党だ

      と。だから大阪では、維新と組んだのだと。

  国民&維新

   :私はこの2つならどちらの政党に投票しても構わないと思います。

    自分の地域ではそもそも立候補していない場合がありますが・・・。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岸田政権のウソを一発で見抜く 日本の大正解 [ 高橋洋一 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/5/7時点)

楽天で購入

 

参議院選の前に読んでおきたいもの

選挙前になるとどこの政党もアピールに腐心しますが、

新聞やコメンテータの評論はあまりアテにならいので、

私は自分で書籍を読みます。

 

私はとりあえず、以下の3冊を推します。

 

①『岸田政権の新しい資本主義で無理心中させられる日本経済』(高橋洋一著) 宝島社

 岸田さんが経済を何もわかっていないことがアリアリと伝わってきます。

 実務面も安倍・菅元首相に比べると格段に遅いです。

 イデオロギー的な側面や情報開示といった面は、私自身は安倍元首相に賛同はしませ

 せんが、経済政策と実務面は2人の前首相の方が評価ははるかに上です。

 岸田さん、経済学を大学の入門書レベルでいいので一読することを推奨します。

 

②『自由と成長の資本主義』 柿埜真吾著 PHP新書 

 理屈は他のリフレ派や消費税増税反対はの人たちと同じですが、

 私はこの著者の文学部出身という経歴が大きいと思います。

 大学院は経済学部ですが、学士は文学部哲学科です。

 (経済学には数学が必要で、哲学は数学に繋がっています)

 

 脱経済成長を唱える経済学部系出身の頓珍漢な論客もいますが、

 一般市民がそれを受け入れてしまうのは、どうしても人文系の感覚で経済を見ている

 からな気がします。

 人文学出身の経歴の著書なら、

 世間一般の人が、少しは経済成長を敵視することなく読めると願います。

 ←理屈というより結構な精神論ですが・・・。

  だた、人間、理屈だけでは動かないことが多いので、金科玉条となっている感のあ

  る脱経済成長を疑ってみて欲しいものです。

 

③『決断力』 橋下徹PHP新書

 元大阪市長の著書です。

 実際に実務に携わった人の運営の様子を読むのがリアリティーがあって良いです。

 大学の教授が研究室で運営の仕方についてコメントしていてもほとんど無意味です。

 実際に実務に携わっていない人が書いた運営論など、正直、身になることはないで

 す。

 また、大阪ともなると注目度も規模も他の自治体と比べ物にならないので、

 個々の経験談だけにとどまることなく、ある程度の汎用性の高い内容になっているは

 ずです。

 

 余談ですが、橋下徹氏が大阪市長時代、とある大学教授が「自分なら大阪府を香港並

 みの経済都市にできる(←正確な文言は覚えていないです。大体こんな感じ)」と、

 ゴミにもならないコメントを言っていたそうです。

 ←でしたらその教授、ご自身がそのために実務の世界に飛び込めばいいのにと思わず

  にはいられません。

 

世の中に対する見方が少し変わるかと思います。

『英語長文 Rise 4』

この長文問題のRiseというシリーズ、

レベル1~4まであります。

全巻、著者は異なります。

 

私は自分の授業でレベル4を使っていますが、

正直、Riseのレベル4は、解答解説が間違っていることが多いです。

講によっては致命的な間違いもあります。

 

というわけで、どこが違うか、まとめていきます。

市販の参考書(に限らず、一般的な書籍もそうです)が絶対的に正しいという妄信は少々

危険、ということを認識するには丁度いい題材になるかもしれません。

 

<第1講>

 ・rirualの訳出が統一されていない。

  この文で使われている意味は「儀式」ではなく「習慣」。

  語句リストでrirualに「習慣」という意味があることを載せているけど、

  全文和訳では「儀式」になっている。

  語句リストに「習慣」を載せた意味があまりない気がする・・・。

 ・下線部和訳

  解説の11ページ(設問で言うと問1)。

  ★「which は It turns out から good for us までの内容を受け」

  正しくは、「self-discipline is usually insufficient」を受けています。

  非制限用法の which は、前文の全部、前文の一部、前文の単語のどれかを指します

  が、基本的には訳で判断します。

 

〈第2講〉

 特に問題なし。

 

<第4講>

 ・解答解説のP37。本文でいうと4段落目になります。

  ~, why should the rest of us care? :なぜ他の残りの私たちは、気にすべきなのか?

 →ちなみに、気にするというのは、「言語の多様性を気にする」という意味です。

 

 答えには、「する必要などない」修辞的反語表現と書かれていますが、

 反語ではありません。文字通りの純粋な疑問文です。

 

 反語とは、「Who knows that?→誰が知っているだろうか。誰も知らない」といった

 ような、質問を投げかけけているように見えて、その問いを発している人の中では

 既に答えが決まっているような修辞方法を指します。

 その一文が反語かどうかを判別するには、

 文脈もそうですが、「その質問に対する答えがなければ反語」という形式的なところ

 で判別する方法もあります。

 

 中学生の問題で、Who can play tennis well ?  という質問に対して、

 Tom can. とあれば、「誰が上手にテニスができますか」「トムができます」という

 会話になります。もし Tom can. がなければ、表面の日本語は「誰が上手にテニスが

 できますか」ですが、本当の意味は「だれもできない」になります。

 反語は発している人の答えが既に決まっているので、

 返答がなくても意味が成り立つためです。

 

 本文を読んでみると、同4段落の一番最後に、「 language diversity is as important as

 biological diversity(言語の多様性は生物学的な多様性と同じくらい大切だ)」と書かれ

 ています。言語は大切なものなのです。大切だから気にするべきだという因果関係で

 結べます。なので、気にすべきではないという反語での解釈は、私は間違いだとみな

 します。(一般常識をあまり多用するのはNGですが、言語の多様性が必要ないという

 主張は常識的にないかと思います)

 

・解答解説のP36。

 ceremonial :儀式用の、儀式に使う

 →和訳には「儀式用の言語」とありますが、正しくは「公式の、正式の」になりま

  す。ceremonialには「公式の、正式の」の意味もありますので、こっちです。

 「儀式用の言語」ではなくて、「公式の言語(つまりはofficial language)」。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

合格へ導く 英語長文 Rise 読解演習 4.最難関編
価格:1210円(税込、送料別) (2022/4/28時点)

楽天で購入

 

ウクライナ情勢×日常生活(in Japan)

<エネルギー価格上昇>

 価格上昇分は政府が補助すべきです。

 民間企業では賄いきれない部分を政府が担うのが本来の役割のはずです。

 総理大臣が国民にお願いするのではなく、政府主導で補正予算を組むべきです。

 この際、消費税を減税したら一律全員に恩恵が行きます。

 

 困窮世帯に10万円を給付するような動きがでてきました。

 その理由の一つにエネルギー価格上昇が入っていましたが、

 エネルギー価格上昇のあおりを受けるのは日本人全体です。

 困窮世帯への給付は個々の置かれている状況へのフォローのはず。

 全員が被る害をその理由にすべきではないです。

 

 10万円は全員に配布し、困窮者には別途、支援策を講じるべきです。

 なんだかけち臭い。年金受給者に5千円案もイミフだった。

 

<政治家の総資産>

 今日の信濃毎日新聞の夕刊に政治家の総資産が載っていました(全員分は流石に紙面の

 関係上載ってはいませんでしたが、平均値とトップの何人かは載っていました)。

 一位は麻生太郎。確か6億円ぐらい。

 だからなのでしょうか。この人が庶民と感覚があまりにズレていて、

 頓珍漢なことばかり発言するのって。

田舎暮らし(in 長野)

長野に住み始めてから2回目の冬を越し、いよいよ春になりました。

以前のブログ記事で、「地獄の田舎暮らし」という書籍をリンクとして張りましたが、

今回のこの記事では、私の長野での暮らしについて、

ドキュメンタリーチックに書いてみたいと思います(笑)。

 

水道光熱費

 すんごい掛かります。冬の最高気温が0℃なので、

 まずは氷を解かすところから始まる感じです。

 また、暖房だけでは暖かさが足りないので、別途、電気ストーブが必要になります。

 電気代もかさみます。

②娯楽

 長野駅前といえど、ほぼ娯楽的な場所はないです。

 映画館が駅から徒歩20分くらいのところにありますが、東京の映画館に比べれば、

 大分こじんまりしています。

 どこかに出かけるには車が必須で、もしも私が車を持っていたならば、

 維持費ものしかかってきたことでしょう←私は車は持っておらず。

 私はテーマパークで遊ぶタイプではなく、1日中読書しているタイプなので、

 長野駅周辺で満足はしています。

 書店はあるし、スタバやタリーズなどのカフェもあるし。

③人間関係

 うまくフィットすれば天国、そうでなければ地獄の真っ二つ。

 中間がありません。私はうまくフィットしたので、

 このまま長野に定住する予定です。

④気候

 寒暖差が大きく、体には堪えます。

 季節の変わり目には、1日の最高気温と最低気温の差が15℃~20℃。

 また、朝晩の服装と昼間の服装が一致しにくいため、どちらかの時間帯は不便になり

 ます。

⑤飲食

 長野駅にスーパーがあり、閉店間際にはお惣菜が半額になります。

 また、お寿司なども半額になっています。

 ドン・キホーテもあり、カップラーメンなどの間食用の食べ物も安く手に入ります。

 カップラーメンが一番安くて1個60円です(量も普通)。

 500円あれば結構いい食事になります。

 (ただし、いくら安くいいものを食べても、浮いた費用は水道光熱費で消えます)

 

こんな感じでしょうか。私のリアルライフです(笑)。