『あなたの給料が上がらない不都合な理由 』(上念司)

扶桑社から出版されている書籍です。

 

経済を分析する際、平均賃金を見ても意味はありません。

平均賃金が下がっているという事実でもって

アベノミクスを否定する人たちがいますが、

この書籍を読めば、なぜ平均賃金では経済を見誤るのか、スッキリします。

 

理由は以下の通りです。

 

ある会社が従業員一人で回していました。

その人の年収を1千万とします。

 

景気が良くなり、新卒を一人、採用することになりました。

新卒なので、年収を300万とします。

 

そうすると、平均賃金は、1000万と300万の平均で650万となります。

確かに1人で会社を回している時よりも平均賃金は350万ほど下がっていますが、

景気は良くなってはいないのでしょうか。

 

1人多く採用できるようになったのですから、景気は良いはずです。

 

ですので、景気が回復しているかどうかは、

平均ではなく、合計年収の1300万という分母の金額です。

この合計金額が、国単位だとGDPになります。

 

景気が回復し始めた時には、平均賃金は下がる傾向にあります。

このことを忘れてアベノミクスは失敗だとするのは早計なのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたの給料が上がらない不都合な理由 [ 上念 司 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/9/11時点)

楽天で購入