緊張しないようにするには

6/5(日)はいよいよ英検本番です。

生徒はほぼ全員、一様に緊張していました。

これまでの頑張りを思い切り出し切ってきて欲しいものです。

 

で、そもそもなぜ緊張するのか、あるいは、緊張しないようにするにはどうすればいい

か。考えたことはありますか。

 

私の答えは、「そもそも緊張することは悪くない」です。

→記事のタイトルと答えが一致してませんが・・・。

 

試験本番なのですから、緊張はします。

緊張しない人などいないはずです。

 

ただし、緊張するのは、それまでに相応の努力をしてきたからなのではないでし

ょうか。

一番重症なのは、私に言わせれば、試験当日にヘラヘラしている人です。

自分の置かれている立場を理解しているのかと。

 

また、あまりにも非現実な試験を受けに行ったとしても、

おそらくは緊張しないと思います。

明日、急に医学部を受けに行かされたとして、受かる見込みが全くない状態なら、

緊張はしないはずです。

 

ですので、緊張度というのは、

「その資格が本当に欲しい」という執着と、「そこに向かって頑張ってきた」努力量

に比例するのではないでしょうか。

 

私はその2つは、心から良いことだと思います。

緊張の裏返しにはその2つがあるわけで、それ故、「緊張というのは否定すべきことで

はない」と思っています。本気で言っています。

 

よく周りの人たちは、

緊張している生徒に、「平常心だ」などと言いますが、

平常心は答えになっていません。

 

緊張している生徒の悩みは、「緊張しないようにするにはどうしよう」というもののは

ずです。

で、平常心というのは、「緊張せずに普段通りにしている」ということです。

緊張している生徒に平常心という声を掛けるというのは、

「緊張してどうしよう」という問いに「緊張するな」と返答しているわけで、

正直、答えとしては押し問答だと思います。

 

「数学の問題が解けないんですけど、どうすればいいですか」と学校の先生に相談した

ら、「解け」という答えが返されるのとレベルは一緒な気がします。

 

緊張は良いことだと先ほど書きましたが、

私は生徒には、「いい意味で緊張して行ってらっしゃい」と声を掛けています。

 

緊張は志望度と努力量に比例するのですから、

それを否定せず、緊張する自分にむしろ胸を張り、緊張しながら本番を迎える。

それが一番現実的なのではないでしょうか。